8月 30

里親さがし中の猫ちゃんのこと

先の記事に記したように、猫の里親さんを探すことにしたのです。
というかもう探しているんですけどね。

連絡があったその日の遅くに、友達にラインしました。
こういう猫がいるんだけど飼ってくれる人がいたら教えて、、、という内容です。

一人は、猫好きな人がいるから聞いてみるとのこと。
もう一人は返事なし。
さらにもう一人は、猫を飼える知り合いはいない、ということです。

猫好きな人からの返事待ちという状態です。この人が無理ならまた別の手段で里親さんを探さないと。

画像とわかる限りの情報を送りました。さてどんなお返事になるでしょう。

今預かっている人があまりにも無知なのかやる気がないのかわかりませんが、猫の医療処置を何もしていないので、健康診断を受けるように勧めました。

子猫といってももう生後6ヶ月はたっているらしいのです。
生まれたのが2月らしいですから。

親猫とどの時期まで一緒にいられたかも正確にはわかりません。
今は下痢もなく食欲もあるそうで、ぱっと見は健康でしょうが、やはり野良猫ちゃんだったのですから、獣医さんに健康チェックをしてもらうほうがよいと思うのです。

ワクチンもうたなきゃならないし、猫エイズはどうかとか。
猫の条虫症も気がかり。

もともと野良猫なんだからあらゆる感染症の可能性は懸念されますよね。

仮に里親さんがみつかったとしても、健康状態を告知しないままに引き渡すのもよくないと思います。
どこかに疾患があるなら、それも踏まえて受け入れてくれる里親さんじゃなきゃ
猫ちゃんは幸せにはなれないですよね。

生き物を飼うということは相応の責任が必要だということをしっかり認識すべき、、、と私は強く思っています。

せっかく助けた命、、幸せになれるようにつなげたい。。

8月 29

あの友達から連絡

前に登場したご主人が浮気しているかもしれないという友達。
また連絡がありました。

誰かに聞いてほしいという気持ちが強いのでしょうね。
私に言っても解決にはならないけど、聞いてもらいたいなら聞き役に徹しましょう、、って感じ。
あまりにうだうだ言われると面倒になりますけど・・笑

ご主人のスマホを見たいけど見るのが怖い、、らしいです。
ちょっと気持ちはわかります。

真実を暴きたいのと、知らないほうが幸せと思う気持ちが交錯しているのでしょうね。

まあ、スマホにロックかかっていたら簡単には見られないと思いますけどね。

スマホから浮気の証拠が山ほどでてくるということがよくあるようです。
メールとか写真とか。
スケジュールもスマホで管理しているだろうし。

スマホって使い方によってはよくも悪くも感じちゃいますね。

彼女に、浮気の事実を直視する覚悟があるの?って聞いちゃいました。
もごもご言って、はっきりとはこたえませんでしたよ。

ご主人とバトルになることも含めて、いろいろな決断ができていなければ知らないほうがいいように思います。

私だったらどうするだろう。主人のスマホ見ちゃうかなあ。
あやしい行動なんて気付かないふりして、一生主人をATM扱いするかもしれない。
それも生きていく手段のひとつ、、、ですよね。

暮らしていける仕事を持っていたら、即別れる気もします。 

だけど養ってもらっている状態じゃ強気に出られないです。
浮気されて逆上して離婚・・・なんてことになったら、今より生活レベルが落ちることは間違いないです。
慰謝料とったって、同レベルの暮らしは望めない。

私としては生活力も問題になりますね。

仮定の話をしていても仕方ないから、今日も老化防止を心がけて過ごしていくとしますか。
キレイにほがらかに暮らす、、、これが今の私の課題です。
笑っていれば、免疫力は上がるんですよ。そしてストレスフリーが健康にも美容にもよいのです。

8月 28

ダニ・・・

古村ひろさんの顔に赤いポツポツができて、治療中だと知りました。テレビ番組でやっていたのです。
顔に発疹って、どうやっても隠すことはできないし、ひどく気に病んでいるだろうとは容易に想像できます。

女優さんです。顔は商売道具でもあると言えるのに、あの状態では仕事にさしつかえるでしょうに。

何軒かの皮膚科のお医者さんにもかかったのに改善されないとのこと。同じ女として本当に心がいたみました。

番組内である皮膚科クリニックへ行ったところを放送していたのですが、そこで診断されたのは”顔ダニ”でした。

顔にダニがいることは以前から知っていました。過去に何かから学んだことです。
顔ダニは誰にでもいて、皮脂のバランスを保てるようになっていると聞いていました。
全くいないというのも肌によくない影響が出るそうなんです。

顔ダニっは顔の余分な脂を食べてくれるからこそ、適度にお肌の潤いを保ってくれるということです。

でも、この顔ダニが異常に多く肌に住みついてしまうと、古村ひろさんのような赤い発疹になってしまうというのです。

かゆかったり痛みを伴うこともあるとか。
きついですね。

見た目でもげんなりしてしまうのに、かゆくなるなんて耐えられません。

古村ひろさんは、番組内で行ったクリニックで治療しだして、2週間でずいぶん改善されていました。

この番組をみて、私にもちょっと思い当たることがあったので、かなり気になっています。
たまにすごく顔がかゆくなるのです。たまらなくて指でこすっているときがあります。鼻の周辺が多いですね。
これって、もしかしたら顔ダニのせいかも。
脂症であることは自覚していましたが、顔ダニが多くいるかどうかは調べていません。
顔ダニがいるかどうかは皮膚科で診てもらわないとわからないのです。
目に見えないほどの小ささですから。

病院に行くほどのひどさではないのですが、顔ダニ用の石鹸は買ってみようかと思っています。。

8月 27

おうちを探している猫ちゃん

昨夜、めったにかけてこない知り合いから電話がきました。

その知り合いの知り合い、要するに私とは全く無関係な人なんですが、預かっている猫の里親を探しているとのこと。

猫を預かっている人と直接電話で話しました。また聞きは確かなことは伝わらないし。

別の人が保護した子猫を預かっているけど、なかなか里親さんがみつからなくて自分で探し始めたとのことです。
最初に保護した人はもう手をひいてしまったのだとか。これを聞いてなんと無責任な・・・と思いましたよ。
預けてしまえばもう知らないというのも失礼な話ですよね。人として信用をなくす行為です。

文句を言っても仕方ないし、里親さんを探さないと。
まあ、最初に保護しなかったら野良猫として暮らして生きながらえられたかもわからないですし、その点ではよかったのかな?

預かっている人の家にはながく飼えない事情があるそうです。
(だったら最初から預からないほうがよかったのでは・・・?とも思いました)
頼まれて一時的に預かったつもりがなかなか里親さんがみつからなくて困っているのでしょう。
今になってあちこちにヘルプの連絡をしているのでしょう。

預かってから1ヶ月弱。
可愛がってもらえているようで、人になついているし、トイレも覚えたとのこと。
甘えてすりすりもするそうです。すりすり・・・たまりませんね 笑

画像もおくってもらいました。6ヶ月のかわいらしいコです。
この猫ちゃんの新しいおうちをみつけてあげたい。
安心して過ごせる永住のお宅を。。

8月 26

大人にきび

職場のパート仲間の鼻の横にぽつっとできていて、悪いけどくすっと笑っちゃいました。
すごく目立つんですもの。

本人もかなり気にしているようで、、そりゃそうですよね、肌はキレイに保ちたいものです。

大人にきびと言っていますけど、ただの吹き出物ですからね。おできですよ。

『便秘してるんじゃない?』と聞いてみたら、思った通り。
何日も出てないんですって。
女同士の会話は露骨です。男性には聞かせたくないレベル。

吹き出物はお通じの改善でなくせることがあると思っています。他に何かしらの問題があるのなら別でしょうけど。

腸内環境をよくすることを簡単に話してきました。ほんと、簡単にですけど。

身体の健康は腸が元気であること、それが美容にもつながりますよね。
大事な栄養をを吸収して、いらないものは排出させる仕分けをしっかりやってもらうのが腸。
いらないものは便となって外に出ていきます。

その”いらないもの”をたくさん含んでいる便がからだにたまっていたら、不調になることは当たり前です。
老廃物がたまってしまったら身体にいろいろな形で影響するわけで、そのひとつが吹き出物。

日常的にお通じをよくするように心がけたいものです。
繊維質、水分をよくとること、適度な運動も必要です。腸が動いてくれるようなマッサージも効果的。

私は今日もたっぷりとお野菜をいただきます。
酵素を摂取してデトックス。
発酵食品も心がけてとるようにしています。
善玉菌を増やすこともとっても大事です。

便秘は美容の大敵って基本中の基本。。。

8月 25

八月に思い出すこと。

昔の彼の誕生月なんです。
いつとはここでは書きません。中旬とだけ
もう過ぎました。

毎年なぜかその日が近づくと思いだします。
別れた男性なんだし忘れちゃってもいいのに思い出します、忘れないのも厄介なことかもしれませんね。

記憶しておこうと努力しているのでもないのに。

まあ、どうして忘れられないかっていうのには理由があるのです。

親の誕生日の前日だから・・・。
これじゃ絶対に忘れませんよね。

先の記事で昔の写真のことに触れました。

私、、この男性の写真は思い出として大事にとっておきたかったのです。
他意はありません、ホント。
でもそんなのよくないのでしょうかね。
 
元彼が写っている写真が載っているアルバムは実家に置いたままにしておきました。
結婚時に持っていくのはやはりためらわれましたから。

実家に帰った時にこっそり覗いて過去を懐かしもう、、なんて考えていたのです。

でも、ある時実家にあるはずのアルバムは無くなっていました。
間違いなくここにしまっていたのに、、とその場所の記憶も確かです。

親が勝手に処分したのでしょう。

これに関して親に問い詰めたりはしていません。
きっと親の判断が正しかったのだろうと、今では思っています。

元彼の写真なんていつまでも持っているものではない。
旦那様がいるんですからね。

逆のことを主人にされたら・・・と思うと、やはり破棄するのが正解なんだと思えます。
主人の元カノの写真があったらイヤな気分になると思います。
『未練あるの?』って疑っちゃうかも。

過去のことを語り出したら止まらなくなりそうです。
年をとったってことでしょうね・・・笑

8月 24

昔の思い出にひたって

封筒を取り出すためにデスクの引き出しの中をごそごそしていたら、何枚かの写真を見つけました。
紙で包むでもなし、無造作に引き出しの中に置かれていたのです。

若いころの自分の写真でした。
結婚当初かな?主人が撮ったものです。

そういえば、ミニアルバムも引き出しのどこかにしまってあるはず、、
と、別の写真もみたくなり下の段の引き出しを探しました。

そこからは観賞会です。
写真って思い出すぎますよね。その当時に戻ったようにいろいろなことが蘇ってきました。

海での写真。
浜辺で私が寝っ転がっていたり、Vサインをしているものなど。
主人と一緒に写っているのは誰かにお願いして撮ってもらったんですよね。

なつかしい。写真の自分はとても若い・・・。表情も豊かで肌もはりがあるというか、とにかく若さではじけているような印象を持ちましたね。

今の”老け”をあらためて感じてしまいました。
何年もたっているのですから老化は仕方ないのですが、やっぱり悲しいものです、女としては。

最近は自分が写真に写ることってほとんどありません。
撮られるのがイヤです。この姿を残しておきたくない、というか・・笑
携帯電話があるから写真なんていつでもどこでも撮れるのに、自分の写真は撮らないものです。

若い自分の写真をみて、できるだけ老いるスピードを遅くしようと改めて思いましたよ。
日々の努力で叶うと信じています。

外見とそれに伴って気持ちも若くいたいものです。

8月 23

浴衣を着る予定でしたが・・

夏には大きな花火大会が各所で行われますよね。 
うちからすぐに行かれる場所の花火大会はすでに終わってしまっています。
だいたいは7月の終わりから8月の最初に開催されるようですね。

花火大会と言えば浴衣姿。
今でも花火大会の日には若いお嬢さんの華やかな浴衣姿を目にします。
初々しくて色っぽい。かわいらしいです。

実は私も今年こそは浴衣を着ようと思っていたのです。
祖母が健在の頃に塗ってくれたものもありますし、自分で買った浴衣もあります。

でも着なくなるんですよね。日本人の心を失ってきているのか?と自分で突っ込んでしまいます。
洋服のほうが動きが楽だし、何よりも着ることが簡単。
着つけ教室に通ったので自分で着れないことはないのですが、洋服を着るように、、というのは無理な話。

よくよく考えてみたら、浴衣だけじゃなく、着物も着なくなってきています。
最後に着たのはいつでしょう・・・?

心にひっかかっているのは、”振袖”です。成人の時につくったもの。
まだ誕生日を迎えてなくて19歳の時に、祖父に見立ててもらいました。祖父が買ってくれたのです。
あれはもうさすがに今は着れません。未婚の若い女性が着るものです。

振袖、いくら着ないからといっても捨てる気にもなりません。
何十万もしたんですよ、簡単には捨てられませんよ。

そこで、着物買取通販で査定してもらおうかと思います。

自分が納得した額で買い取ってもらえるならお願いしたいです。手元に残していても利用しないものですからね。

相場もわからないので、少しお勉強したほうがいいかな。。。

8月 22

リバウンド気味

糖質制限と野菜たっぷりの食生活にしてから、お腹まわりがすっきりしたのは感じていました。
炭水化物は極力少なめです。全く食べないとは決めないで、量を減らすようにしていました。
朝はサラダや果物だけとか。
それまではトーストやご飯をしっかり食べていたのですけどね。

何日間かのお盆休みでちょっと太ってしまったような気がするのです。
予想では1キロくらい増えたのではないかと。

怖くて体重計に乗っていないので正確は数字はわかりません。現実を知りたくないタイプです。逃避型なんです。

旅行にいって、豪華な食事のなかにはご飯もパンもありました。揚げ物もあるし、カロリーが高そうなものもいただきました。
もちろん全ておいしいんです。
豪華な料理の数々を目の前にして、食べる制限なんてできませんでした。
そんなことしたら旅のだいご味を失ってしまいますよね。

旅先までもダイエットすることないか、、と思ったのが甘かったのでしょうかね。

旅行だけではなく、お盆休みを主人と一緒に過ごしたことで食べる機会も増えたのです。
私一人ならここまで食べないのに・・・という場面が多かったのですよ。

今、必死で元に戻そうと頑張っています。
お盆休み中、ちょっと便秘にもなりましたから。酵素不足だったと認識しています。

週明けからまた野菜野菜野菜の生活です。

いえ、野菜のみ、、ってわけじゃありませんけど、生野菜かなり食べていますよ。

スムースなお通じで腸内のお掃除をしないと。

宿便1キロくらいはたまっていそうですからね。

8月 21

自分の好み・・・?

前の記事を受けて、私って確か面喰いだったはず、、と思いだしました。

思いだした、という言い方も変ですが、イケメンとは程遠い、かけ離れた容姿の主人と結婚した自分の感性を疑ってしまったのです。

そういえば20歳前後の彼はとっても顔がよかった。
正統派の美男子という顔立ちでした。美男子という言葉、最近は使いませんね。死後ですか。
そういえば”ハンサム”という言い方もしませんね。
若い人には通じないのでしょうか。

付き合う人を顔やスタイルで選ぶ傾向があったのは事実です。
見た目が好みでないと鼻から交際する対象にはなっていませんでした。

なんてイヤな女 笑

人は見た目じゃない、なんてウソだと昔から感じていましたよ。
女だって美しい人は得していると思いますし。

・・・ということは私はあまり得をしていないってことです、残念ながら。

私の好みは人とはずれているようで、カッコいい基準が人には理解できなかったようです。
ステキだと思う男性を、周囲はことごとく否定していました。

「あの人カッコいいね~~」
『え~~どこが・・・』
っていう具合です。

私が旦那様として選んだ男性は、間違いなく私の好みのタイプではありません。

なんでこんなことになったのか、自身でも理解できないでいます。
人柄で選んだのかなあ。そんな気もしないのですが。

切羽詰まってたのかな。そうかもしれない。多少結婚をあせっていた傾向はありますね。
なんか結婚したかったんです。そういう時期ってあると思いませんか?
そんな時に出会った人が主人だった、、、というだけかもしれません。

かさねがさね失礼な女です、私。

結婚当初はかなり揉め事が多かったのですが、どこかの時点で寛容になれました。
これも年をとったから、、ということでしょうかね。。

今では一番居心地のいい相手です。
楽なんですよね。

古い記事へ «