Trang chủ

在日ベトナム人介護福祉士の活躍〜弛まぬ努力、結果に〜

日本の厚生労働省によると、経済連携協定(EPA)に基づく外国人介護福祉士受け入れ候補者の中で、第三十回介護福祉士国家試験を受験したベトナム人の数は95人、そのうち89人(全体の93,7%)が試験に合格した。この割合は外国人受験者の中では最も高く、インドネシアは38,5%、フィリピンは37,8%の合格率であった。割合のみで言えば、日本のそれ(79,8%)よりも高い。これは同時に、受験資格を得るため、日本国内で三年間の実務経験を積んだベトナムの介護福祉士が、外国人候補者として初めて日本の国家試験を受けた結果でもある。

今回の受験者の一人であるバクザン省出身のドアン タイン フエンさんは、EPAに基づく日越介護福祉士受け入れ制度を使って日本にやってきた。現在は埼玉県にある老人ホームに勤務している。今年の国家試験の合格基準点は125点満点中77点。日本人でさえも基準点に達せなかった受験者が多い中、フエンさんは今回の試験を125点満点中96点で合格を果たした。この結果は、フエンさんが介護福祉士として日本で働くと決めた時から現在まで、弛まぬ努力を重ねてきたことを物語っている。

イベント

日, 11月 12 2017 -
14:00 から 17:30
土, 11月 25 2017 -
13:00 から 17:00