水害にあったみなさまへ

家の片づけを始めるときに

1. 被害の状況を写真に撮る

被害の状況を記録しておく
  • 被害の様子がわかるように、家の周りと家の中の写真を撮る。家だけでなく、壊れたもの(自動車や冷蔵庫などの家電製品)も撮影しておく。浸水した深さがわかるように水の跡を撮る。記録に残しおくことで、あとで保険金の請求や罹災証明書をとるときに役に立つ。
※罹災証明書とは
  • 市役所に自宅が被害にあったことを書類で申請します。 市役所では申請に基づいて家屋の被害調査を行います。 罹災証明書があると、生活再建のための給付金や融資、税金や公共料金などの減免や仮設住宅へ の入居など、被害の程度に応じて支援を受けることができます。在留カードの再発行もできます。 罹災証明の受付や発行までに、数週間から1ヶ月以上かかることもありますので、市役所で手続 きを確認しましょう。
注意
  • 申請がないと罹災証明書は発行されません。市役所に行きましょう。
 
2. 片づけのまえに
電気
  • 電気が漏電しているかもしれないので、ブレーカーを確認しましょう。ブレ ーカーが落ちていると、感電の危険もありますので、電力会社に相談しまし ょう。
ガス
  • 家の中がガスの匂いがするときは、ガス会社に連絡しましょう。 都市ガスの場合、災害が起きたときに、自動でガスが止まることになってい ます。ガスが復旧していたら、ガスメーターの復帰ボタンを押すとガスが使 えます。都市ガスが使えるかどうかは、ガス会社に確認しましょう。 プロパンガスの場合、ガスボンベが動いているときは、ガス漏れをしている かもしれないので、ガス会社に連絡しましょう。
保険会社などへの連絡
  • 火災保険や建物共済に入っているときは、浸水したことを保険会社に伝えま しょう。修理などの補償金を受け取ることができることがあります。 アパートの場合は、大家さんへ連絡しましょう。 自宅を修理する前に、被害の状況の写真を撮り、保険会社や大家さん、家を 建てた建築業者などへ連絡しましょう。
 
3. 片づけをするときは
怪我をしないように
  • 長靴やゴム手袋をする。ほこりやカビが舞っているので、必ずマ スクをします。うがいや手洗いをして、水分補給もこまめにしま しょう。

ゴミ捨てのルールはいつもと違う

  • 自動車や冷蔵庫などの家電製品など、たくさんのゴミが出るの で、いつもの場所ではゴミを集めません。市役所や近所の人に、 ゴミの出す場所や時間を確認しましょう。
災害ボランティアに手伝ってもらう
  • たくさんのボランティアが「災害ボランティアセンター」に登録されています。家族だけで 片づけをするのではなく、ボランティアに手伝ってもらいましょう。災害ボランティアセン ター、社会福祉協議会、市役所に相談してみましょう。無料で手伝ってもらえます。
注意
  • 泥棒や詐欺に気を付けてください。SNS などでの情報が、デマ情報だということもあり ます。何かおかしいと思ったら、必ず誰かに相談して ください。
  • 在留カードやパスポートをなくしてしまったら 大使館や入国管理局に連絡しましょう。