DSC03725_edited.png

About Us

会員規程

  (目 的)

第1条 この規程は、定款第7章会員制度等の規定に基づき、会員の入会及び退会並びに入会金及び会費の納入に関し必要な事項を定めるものとする。


  (入会金)
第2条

1 本会の会員になろうとするものは、所定の入会申込書を提出しなければならない。
2 本会への入会の可否は、次に掲げる基準を基に理事長が決定する。
 (1)本会の目的に賛同するものであること。
 (2)本会の会員であったものである場合においては、過去において除名の処分を受けたものでなく、かつ現在において未納会費がないものであること。
 (3)暴力団その他の反社会的勢力に属するものでないこと。
3 入会の可否を決定したときは、入会決定通知書により、入会申込者に通知しなければならない
4 前3項の規定にかかわらず、正会員、顧問、名誉会員並びに特別会員の入会については、総会が承認することにより成立する。
5 入会者は、会員の種別ごとに会員名簿に登録しなければならない。


  (種 別)
第3条 本会の会員は、下記の通りとする。
 (1)正 会 員 定款第5条の定めにより入社した個人
 (2)一般会 員 本会の目的に賛同して入会した個人または法人
 (3)準 会 員 理事長が認めた在日ベトナム人で、原則、会員期間は入会後、一年間とし、翌年から一般会員に変更するものとする。ただし、理事長が継続して準会員に止まることを認めた場合には、その限りでない。
 (4)顧 問 社員総会で同意を得た個人
 (5)名誉会 員 社員総会で同意を得た個人
 (6)特別会 員 社員総会において推薦を受けた個人または法人
 (7)賛助会員 本会の目的に賛同してその事業を賛助するために入会した個人または法人
 (8)協力会 員 本会の目的に賛同してその事業を協力するために入会した個人または法人

 

  (入会金及び会費)
第4条

1 入会者は、すみやかに入会金及び会費規程の定めるところにより会費を支払わなければならない。
2 前項の規定にかかわらず、顧問、名誉会員、特別会員及び協力会員については、入会金及び会費の支払を要しない。

  (退 会)
第5条

1 会員は、退会届を理事長に提出することにより任意にいつでも退会できる。
2 会員は、次のいずれかに該当するに至ったときは、その資格を喪失する。
 (1)会費を1年以上滞納したとき
 (2)当該会員が死亡したとき、または解散したとき
 (3)すべての社員の同意があったとき
3 前項の場合のほか、会員が次の各号のいずれかに該当するときは、総会の決議により、当該会員を除名することができる。
 (1)本会の名誉を汚し、または信用を失うような行為があったとき
 (2)定款又は総会の決議に反する行為があったとき
 (3)その他除名すべき正当な事由があるとき
4 前項の規定により会員を除名しようとするときは、当該総会の日の1週間前までに当
該会員に通知し、かつ総会で弁明の機会を与えなければならない。


  (改 廃)
第6条 この規程は、定款第12条の規定により、総会の決議によって改廃することができ
る。

附 則

(実施期日)
第1条 本規程は令和元年6月 21 日制定し、令和元年7月1日から施行する。

  入会及び退会規程

 

 

 (目 的)
第7条 この規程は、定款第7章会員制度等の規定に基づき、本会の会員の入会及び退会に関し、必要な事項を定めるものとする。


 (入会基準及び手続)
第8条

1 本会の一般会員、準会員または賛助会員として入会しようとする個人または法人に対しては、別表に掲げる事項を主たる内容とし、本会の定める入会申込書の提出を求めることとする。
2 理事長は、会員規程第2条の基準を基に、前項の入会申し込みに対して入会の可否を決定し、これを申込者に通知する。
3 顧問、名誉会員並びに特別会員については、社員総会において承認を得て、本人に通知する。


 (会員名簿及び個人会員に関する情報の取扱い)
第9条

1 入会者は、会員の種別毎に、本会の管理する会員名簿に登録する。
2 前項の入会申込書に記載した主要事項に変更があった場合は、当該会員から、理事長に別に定める変更届を提出する。
3 会員名簿に登録された個人会員に関する情報については、その公開の可否及び公開の範囲について、本人の意向を十分尊重し、慎重に取り扱わねばならない。


 (入会金及び会費)
第10条 入会金及び会費の金額及び納期は、定款第41条の定める会費規程による。


 (退会事由及び手続)
第11条

1 会員は、別に定める退会届を提出して、任意に退会することができる。この場合は、会員名簿の登録を抹消する。
2 定款第44条の定めにより、退会以外の事由により、会員の資格を喪失した場合、前項に準じて会員名簿の登録を抹消する。
3 前各号により会員資格を喪失した場合、既納の入会金及び会費は返還しない。また、資格喪失後は、会員としての資格称号を前歴としても使用することはできないものとする。


第12条

1 前条の規定により会員資格を喪失した者が再入会を希望する場合には、その理由を記した説明書と共に、改めて第2条に定める入会申込書の提出を求めることとする。
2 前項の再入会申込に対して、理事長が再入会の可否を決定し、これを申込者に通知する。ただし、退会の際未納の入会金及び会費がある場合には、当該未納分を支払わない限り、再入会は認めない。また、除名により会員資格を喪失した者は、資格喪失後1年間は、再入会を認めないこととする。


 (改 廃)
第13条   この規程は、定款第12条の規定により、総会の決議によって改廃するこ
とができる。

附 則

 (実施期日)
第2条 本規程は令和元年6月 21 日制定し、令和元年7月1日から施行する。

会費規程

 

(目 的)

第1条 この規程は、定款第41条の規定に基づき、入会金及び会費の納入に関し、必要な 細則を定めるものとする。

(入会金)

第2条 本会の入会金は、会員の種別に応じて、次に掲げるところによる。

(1)個人会員

    ① 留学生、技能実習生、日本の大学生等 1,000 円

    ② 日本人、ベトナム人(①を除く社会人) 5,000 円

(2)法人会員 10,000 円

(年会費)

第3条 本会の年会費は、会員の種別に応じて、次に掲げるところによる。

(1)正 会 員                  :年 50,000 円

         一般会 員

   ① 留学生、技能実習生、日本の大学生等      :1,000 円

   ② 日本人、ベトナム人(①を除く社会人)     :5,000 円

   ③法人会員                  :年 100,000 円

 

2)準 会 員   年会費は徴収しない。

          入会から 1 年を経た時点で、一般会員になることを前提とするが、 理事長が認めた場合には継続して準会員に止まることができ、年 会費は引き続き徴収しない。

(3)賛助会員

       個人会員 年 10,000 円以上(1口 10,000 円、1口以上)

       法人会員 年 100,000 円以上(1口 100,000 円、1口以上)

(会費の納期)

第4条

1 会員は、毎事業年度の4月 30 日までに、会費年額の全額を納入しなければならな い。入会者は、すみやかに入会金及び会費規程の定めるところにより会費を支払わなけれ ばならない。

2 会費の納入は、本会から入会承認の通知を受けた日から 30 日以内とする。

3 会費の納入は、本会が指定する銀行口座に振込むものとする。

4 中途入会の会費は本会の安定的な運営を図るために令和 2 年 4 月 1 日から適用し、令 和 2 年 3 月 31 日までに入会した会員は 1 年分を納入し、令和 2 年 4 月 1 日から始まる年度 の会費で調整を行うものとする。

5 顧問、名誉会員、特別会員及び協力会員については、入会金及び会費の支払を要しな い。会費規程 一般社団法人在日ベトナム人協会 

(改 廃)

第5条 この規程は、定款第12条の規定により、総会の決議によって改廃することができ る。

附 則

(実施期日)

第1条 本規程は令和元年 6 月 21 日制定し、令和元年7月1日から施行する

桜の木