在日ベトナム人協会、在日ベトナム大使館と新年初の合同会議

1月8日、東京の在日本ベトナム大使館にて、在日ベトナム人協会と在日本ベトナム大使館との新年初の合同会議が開催された。本会議には、大使館側からグエン・クオック・クオン大使、グエン・チュオン・ソン公使ほか、大使館職員数名が参加。また本会からはチャン・ゴック・フック会長をはじめ、キエム事務局長ほか実行委員、後援会スタッフが参加した。


会議に先立ち、グエン・クオック・クオン大使は「在日ベトナム人会の活動再開への努力と、今後の活動計画の立案を歓迎したい」と述べた。

それに対し本会のチャン・ゴック・フック会長は「これまでの活動としては、本会のウェブサイトの立ち上げや、日本在住のベトナム人の実情を把握するため、日本を拠点とする各ベトナム人グループとの連携に努めてきた」と述べた。また将来の計画として、「本会の法人資格の取得をはじめ、ベトナム人なら誰でも訪ねることができ、必要な時にサポートを受けられる『ベトナムクラブ/ベトナムハウス』の設立をする。また『ベトナムクラブ/ベトナムハウス』は、日本とベトナムが様々な分野において日増しに緊密な関係になっていく中、両国を繋ぐ架け橋として、ベトナムの文化を発信する場所にもしていきたい。」と述べた。

それを受けてグエン・クオック・クオン大使は本会に対し「会の活動を軌道に乗せるため、許容される範囲において多くの人的・経済的な支援を約束する」と述べた。両者はその他の問題についても意見交換・討論を行った。

会議のあと、グエン・クオック・クオン大使は会員一同を親睦会に招き、和やかな雰囲気のなか親交を深めた。




1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示